エビハラグループTOPエビハラ病院TOP > 病院の特色
資料請求はこちら
病院の特色
快適な療養環境
エビハラ病院

 長期療養が可能な為、救急など以外は転院しなくてよく、医療・介護保険どちらもご利用でき、院内転ベットも可能です。

 リハビリは設備の充実に留意しており、特に屋外に「リハビリ公園」を設置して、歩行訓練を重視しております。通所リハビリも活発に行っています。

 食事は温冷車により適時適温で提供しています。(経管、胃瘘も対応)

外出付添いサービスもご利用できます。お買い物、観光等、外食等。(安全のため主治医の許可、専門員の付添)

 入浴は一般浴、中間浴、特浴と完備してあります。症状に応じて安心して入浴をしていただけます。

安全管理・感染予防
安全管理・感染予防
 特に「食の安全」については(3施設とも)「強電解水生成装置」の導入による殺菌処理により食中毒対策に万全を期しています。

 手指消毒については「手洗い励行」は勿論ですが常時各所に「速乾式・擦込み式・手指消毒薬『アルベン液』」が設置してありますが、ノロウィルス流行期には、玄関先等に「次亜塩素酸ナトリウム液」(ミルトン希釈液)を併設して予防に留意しております。

 インフルエンザ流行期には、全入院、入居者、全職社員の予防注射実施のほか、お見舞客の「マスク」使用の励行もお願いしております。

 手術、精密検査、治療等、専門科との連携については提携により速やかに対応しております。
ご高齢者への医療技術
ご高齢者への医療技術

「半固形栄養法」
 特に「胃瘘」では患者様のQOLの改善等に有用ですが、未だコスト高の面もあり普及に努力しています。

「大量皮下注射法」
 点滴のための血管の確保が困難になった患者様にとっては(施行側にとっても)有効な手段と思われるので苦痛軽減のためにも繁用していきたいと思っております。

「褥瘡」に対する「ラップ療法」
 ようやく学会で認知されるようになってきましたが、安価、簡便ばかりではなく、有用な技法と思われるので薬剤師等含めて「基材」の研究等をすすめております。

リハビリの特徴
リハビリの特徴
リハビリの特徴
 当院入院患者様のほとんどは、慢性期(病気を発症してから数ヶ月~数年経った時期)のリハビリが中心となっています。理学療法士5名、マッサージ師3名勤務しており介護療養型の医療施設としてはリハビリスタッフが充実しております。

 当院は、寝たきりの患者様も多いのですができる限り(病状に応じて)リハビリ室へ移動しリハビリを行っております。天気の良い日は、屋外での散歩(歩行練習や車椅子乗車)。鳥の囀りやそよ風、また四季折々の繰り出す風景と様々な感覚に刺激をもたらします。

 その中で行うリハビリは、寝たきりの状態、もう治療の方法がないと言われた患者様もリハビリを長期行った結果、歩行が自立された患者様も多くいます。

 私たちは「人生の週末(終末)」を安心して過ごしていただけるように「週末」にいたるまで患者様・ご家族様に合ったリハビリを、一生懸命させていただきます。
リハビリスタッフ